• How to
  • How to
  • 2016.05.19
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業間でアカウントの引き渡しができるようになりました

blog_title

こんにちは、Brushup プロダクトオーナーの水谷です。

今回は お客さまの声から生まれましたシリーズ  です。Brushup を契約している企業から別の企業にアカウントの引き渡しができる機能をリリースしました。本機能を利用する前提条件として企業間コラボレーションをしておく必要があります。

利用シーン

company_change_main

Brushup のお客さまの中には数多くのグループ企業があり、グループ企業単位で Brushup を契約していただいているお客さまがいます。そのようなお客さまから、企業間で人事異動があった場合、Brushup アカウントを作り直すのではなく、Brushup 上でアカウントを企業間で引き渡したいというお話を受けたのがきっかけでした。本機能は、複数の企業や部署が共有で使っていた1契約の Brushup をそれぞれ独立して使うとなった場合にも有効な機能だと思います。

アカウントを引き渡す側の企業で “引き渡し” を申請する

account_request

まずはアカウントを引き渡す側の企業による操作です。[アカウント編集] 画面の最下部にある [このアカウントの所属する企業を変更する] というリンクをクリックしてください。するとアカウントの引き渡し先の企業を選択する画面がポップアップ表示されるため、次に引き渡し先の企業を選択し、申請してください。申請後のステータスは上記のように [所属企業の変更アカウント一覧] から確認できます。

アカウントを引き受ける側の企業で申請を承認する

account_accept

次にアカウントを引き受ける側の企業の操作です。 [所属企業の変更アカウント一覧] を開くとアカウントの引き渡し申請が届いていることが確認できます。画面右の [処理] ボタンをクリックすると申請の詳細が表示されるため、内容に問題がなければ、承認処理をしてください。これでアカウントの引き渡しは完了です。アカウントの引き渡しを行った場合、そのアカウントがアサインされていたプロジェクトは全てクリアされますのでご留意ください。

企業間に関する機能については、これからもどんどん強化していきたいと考えています。ご意見、ご要望があれば、お気軽にお問い合わせください!お問い合わせはこちら

記事一覧に戻る