• News
  • News
  • 2017.02.01
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 Brushup 設立のご報告

Warsaw downtown sunrise aerial view, Poland

こんにちは、 Brushup プロダクトオーナーの水谷です。

本日、2017 年 2 月 1 日付で、株式会社 Brushup (代表取締役:水谷 好孝) を設立しました。

会社設立の経緯

Brushup は 2015 年 3 月、フェンリル株式会社 (最高経営責任者:牧野 兼史) から生まれたプロダクトです。それから現在、導入企業が 1000 社に達し、本当に多くの方からの期待を受けていると実感しています。そこでフェンリルという枠組みではなく、独自のブランディング戦略やミッションを掲げることで、Brushup の事業を加速させることを決意しました。

見えてきたレビューツールの可能性

review

リリース当初は、ゲームのイラストやウェブデザインの制作に関わる企業の利用が大半でした。しかし、現在では、広告業界、出版業界、教育機関など、さまざまな業種で Brushup の利用が始まっています。

ある教育機関では、動画で特定の時間と場所にコメントができるという特長を活かしています。生徒のプレゼンや入試の面接練習を撮影した動画に対し先生がコメントをして、アドバイスを見た生徒が動きや喋る内容を改善していくといったユニークな事例が生まれました。

動画は自分を客観的に見ることができます。それに先生のアドバイスが書き込まれていることで生徒の理解度は深まります。このように Brushup はビジネスだけではなく、教育現場でも活用されています。

ビジネスにも教育にも貢献する企業へ

school_boy文部科学省では、教育の ICT 化を見据え、 2020 年にすべての学校の生徒が、1 人 1 台タブレットを持つことを推進しています。また総務省では働き方改革として、ビジネス生産性の向上やテレワークの推進など、ICT を日本経済の成長と国際社会への貢献の切り札として活用する方針を掲げています。

こうした背景の後押しを受け、株式会社 Brushup は、企業や教育機関に「Brushup」を活用したレビュー文化を根付かせることで、ビジネスの生産性や学生の学習効率の向上に貢献します。

記事一覧に戻る